menu

徹底比較! プロジェクターレンタルサービス

プロジェクターの接続方法(Windows)

プロジェクターの接続は以外と簡単!
このページではWindowsパソコンでの様々な接続方法をご紹介します。

VGA(ミニD-sub15ピン)で接続する

PCと接続するもっとも一般的な方法がVGAです。
ドライバーのインストール不要で、最近のWindowsパソコンですと繋ぐだけで認識、投写されます。

もしうまく表示されない場合はプロジェクターの入力切替ボタンを押してみてください。
または、パソコン側の映像出力先を変更する必要があります。
各メーカーによってショートカットが割り当てられているので表にまとめました。

Fn+F3 NEC、Panasonic
Fn+F4 HP
Fn+F5 東芝、シャープ
Fn+F7 Lenovo、SONY、IBM
Fn+F8 DELL、EPSON

HDMIで接続する

HDMIは1本のケーブルで映像と音声の出力ができるので、簡単に接続できます。
また、VGAで接続するより映像の劣化が少ないのも特徴です。

繋げば認識されることがほとんどですが、音声が出ない場合があります。
その時はPC側の出力設定を変更してください。

USBで接続する

PCのUSBで接続することもできます。

この場合、メーカーが提供しているドライバのインストールが必要になります。

ただし、最新のPCのドライバはすぐに提供されない事があるので、新しいPCではUSBで接続できない事があります。

ほとんどのPCでUSB接続できますが、先に紹介したVGAとHDMIでの接続をお勧めします。